ピルを服用することによってバッチリ避妊対策ができます。コンドームを使っての避妊も効果的ではありますが、時にはコンドームが破れてしまっていることも考えられるので、心配に思う方はピルを服用して避妊しましょう。

避妊対策バッチリの女性

自分にあったピルの見つけ方

独身の女性はもちろん、既婚者の人も妊娠を希望しない時は、きちんと避妊を行う必要があります。
ピルは正しく服用をすることで、排卵を抑える働きがあるため、高い避妊効果が期待できるので、服用したい人が増えています。
中用量ピルは、太りやすくなったり、不正出血などが見られるなどの副作用もありますが、低用量ピルは比較的、副作用が少なく、安全性が高いので、服用している人が増えています。
生理前になると、下腹部に痛みを感じたり、むくみやすくなったり、些細なことでイライラするなどの月経前症候群に悩んでいる人が多いです。
ピルを服用することで、生理前の不快な症状を緩和したり、生理不順を改善する働きがあるので、生理日を特定しやすくなります。
現代は副作用の少ない低用量ピルを服用している人が多いですが、生理が始まった日から、21日間毎日薬を服用して、7日間は薬を中断すると、生理が始まります。
ピルは欧米諸国では大変ポピュラーな避妊法になっており、日本でも避妊効果を高めるために、専門クリニックで処方を受けている人が増えています。
専門クリニックに通院をすると、信頼できる医師が在籍をしているので、自分の体質やライフスタイルに合った商品を提案してくれます。
ピルを服用すると、頭痛や吐き気、下腹部の痛み、不正出血などが見られることがありますが、ほとんどの場合は問題ないことが多いです。
飲み忘れをすると、避妊効果が下がってしまうので、毎日決まった時間に服用をすることが大事です。
ピルは服用をやめると、3、4ヶ月で体の状態が元に戻り、排卵も起こるようになるので、妊娠が可能になります。
望まない妊娠で、妊娠中絶などのリスクを避けるために、安全性の高い薬を選んで服用して下さい。