ピルを服用することによってバッチリ避妊対策ができます。コンドームを使っての避妊も効果的ではありますが、時にはコンドームが破れてしまっていることも考えられるので、心配に思う方はピルを服用して避妊しましょう。

避妊対策バッチリの女性

ピルは値段も安く種類も豊富

ピルはコンドームよりも確実に避妊することができ、月経コントロールができることも魅力の一つです。
ピルは妊娠時に分泌される女性ホルモンが入っている薬で、服用することにより妊娠ている状態に近づきます。
よって排卵が抑制されたり、着床するのを抑えたり、子宮内に精子が入ってくるのを防ぐため、避妊効果が高いのです。
ピルは毎日同じ時間に飲みますが、日本には約12種類のピルがあり、錠数と飲み始める時期が大きく違います。
まず、1つのシートに21錠入っているタイプと28錠入っているタイプがあります。
21錠タイプは、21日間服用して7日間休薬し、8日目からまた新しいシートを飲み始めます。21日間飲んだ後、3~4日後に月経がありますが、錠剤を飲まない期間があるため、何日目か分からなくなることがあります。
28錠タイプは休薬する期間がないタイプですが、最後の7錠には実際には薬の成分は入っていないので、服用しない期間を数える必要がありません。
次に、 飲み始める時期ですが、「月経が始まった日に飲み始めるタイプ」と「月経開始日から最初の日曜日に飲み始めるタイプ」があります。
効果はどちらも同じですが、土日に用事が多い方は、日曜日に月経がぶつからないように調整できる「最初の日曜日に飲み始めるタイプ」がお薦めです。
最後に値段ですが、病院で処方してもらう場合、保険が効かないため自費診療となります。
初回の診療で約1万円で、ピル1か月1シートが約2000~3000円です。
病院によって値段が異なることがありますので、事前に確認すると良いでしょう。
確実に避妊できるので、中絶などのリスクを減らすためにも、自分のペースに合った方法で服用することも考えてみてはいかがでしょうか。